クリニックごとに差がある

鏡を見る婦人

基本内容だと相場内に収まりやすい

二重整形で比較的費用が安くなりがちなのは、糸を使って目蓋を固定する埋没法です。相場としては両目で大体5万円から10万円程度を見ておくと良いでしょう。中には条件次第で5万円を下回る場合もあり、逆に余程独特な方法を選択しない限り10万円を超えることはありません。そして目蓋にメスを入れる切開法では、両目の施術がまず10万円以下にはならないと考えておきましょう。また目頭や目尻といった一部分のみを切開するか、全切開を行うかでも費用が大きく左右されます。したがって比較的安い10万円台から、40万円近くになる場合もあります。ただこれらの数字はあくまでも目安で、埋没法だと糸の結び目が2つ、切開法だとメスを入れて組織を取り除いた後で縫合するという基本の内容でのことです。クリニック次第で埋没法では結び目の数を増やして元に戻ってしまうリスクを下げたり、使用する糸をより負担の少ないものに変更するといった選択肢が用意されていることが多いです。それと同様に切開法では肌の負担低減や、メスの線を目立たなくするなどのアレンジが可能です。いずれも通常メニューにプラスをする形になるので、費用も相場を超える可能性が高くなりやすいです。その他にも二重整形は特殊な麻酔や保証などのオプションが多いため、選ぶ際に比較をするのであれば、必要な部分をひと通り組み込むことが大切です。

二重整形は専門的な知識の上で行われるので、正しいところに依頼すれば希望通りのデザインを作り上げることができます。そして素人が自力で行う対策とは異なり、長時間二重の状態を維持できるのも強みです。毎日テープを貼ってラインを作る手間を省ける上に、それが日常生活で剥がれてしまう心配もせずに済みます。そういった高い確実性を求める人が、しっかりと線を作ることができる切開法を選びます。メスを入れてさらに縫合をするので元に戻ることはないため、費用が高めであっても選ばれることが多いです。そして埋没法は糸を入れるだけなので、皮膚に与えるダメージは針の穴ほどの大きさで済みます。そのため腫れや炎症といった症状を抑えやすく、ダウンタイムも短くなりがちです。そういった手軽さに加えて費用が安いこともあり、プチ整形としての人気が高いです。皮膚にメスを入れるには抵抗がある人や、その前段階のお試し感覚で選択されることもあります。そんな強みを基本としながら、二重整形を受けられるクリニックの数は非常に多いです。それぞれ異なるプランを提示しているため、それに伴って個人がより自分に合った内容を選びやすい点も、全体の人気上昇に貢献していると考えられます。

Copyright© 2020 まぶたの施術はどのような施術があるのか知っておこう All Rights Reserved.