メスを使わない方法

女性

埋没法について

美容整形術の中でも特に注目を集めているのが二重まぶた術です。多くの美容整形外科では、様々な二重まぶた形成術が行われています。その中でも一般的に行われているのが埋没法と呼ばれる施術です。これは医療の糸を用いてラインの溝を付ける手法であり、メスを使わない点が大きな特徴です。埋没法ではぱっちりとしたまぶたや、ナチュラルなまぶたまで様々な形に形成することが可能です。そのため、施術前にはカウンセリングで、自分が望んでいる形をしっかり伝えておくことが肝要です。ところでメスを使わない施術である埋没法ですが、まぶたの中にずっと糸が残ってしまっていることは忘れてはいけません。施術後のダウンタイムは少ないのですが、糸が外れてしまうとまぶたの形が元に戻ってしまう可能性があります。また糸が外れるまではいかなくても、頻繁に瞬きをしたり、手で目をいじってしまったりすれば糸が緩んでしまう可能性があることは知っておくと良いです。ただし、逆にいえば糸を外せば元に戻すことができるので、比較的受けやすい施術かもしれません。費用に関していえば、保険が効かない自由診療なので自費で施術を受けなければなりません。各クリニックによって費用は異なりますが、10万円前後が相場といわれています。もちろん、様々なクリニックの費用を比較検討して、相場観を身につけることが重要です。

施術の費用相場が約10万円前後である埋没法。決して安くない費用ですが少しお金を貯めさえすれば、誰でも憧れの二重まぶたを手にすることが可能です。しかも全国各地には美容整形クリニックがたくさんあるので、どこに住んでいても埋没法の施術が受けられます。手術時間は10〜20分程度で済むため、手術台でじっとすることができれば何歳からでも施術は可能です。ただし、美容整形クリニックによっては、未成年者の場合保護者の同意が必要となることがあります。そのため、初めて埋没法を受けるときは、あらかじめクリニックに相談しておくと良いです。ところで埋没法の施術を受けるとなると、安心してお願いできるクリニックを選びたいものです。クリニック選びでポイントになるのが、施術する医師のスキルではないでしょうか。一つの目安として、形成外科の専門医を標ぼうするクリニックが好ましいといえます。何故なら、専門医を名乗るためには技術審査や試験などを受ける必要があるからです。美容分野に関する試験も含まれているので、確かな知識と技術があることが示されます。また、理想の二重まぶたを手にするためには、カウンセリングでしっかり自分の希望を伝えることが大切です。ぱっちりした華やかな二重まぶたなど、できるだけ具体的な希望を伝えた方が医師に理解してもらいやすいです。

Copyright© 2020 まぶたの施術はどのような施術があるのか知っておこう All Rights Reserved.